施工日記

樋 簡易修繕です。

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
右京区で樋の修繕です。ウチの事務所の裏です。


暗くてすいません。17:30だと もう真っ暗なんですねぇ。全長9mほどの軒樋の内、5mほどが腐食 破損してました。呼び樋(軒樋と たて樋の間の横引き部)も外れてますね。

あ、暗くなってから屋根に上る井尻工務店。皆さんは決して真似をなさらないで下さいね!

古い軒樋って 樋受けの金物も一緒に傷んでる事が多いですね。錆びたり 折れたり 下がったり。金物は屋根の鼻先に取付けてあり、軒のモルタルに埋め込まれていることもよくあるのですが、ついでにそのモルタルまで傷んでいる、しかも雨水が流れ込んでしまっている、なんて事も。

雨漏りって 部屋の中に漏れるのはもちろん大問題ですが、こうして 屋根の軒先の方や、壁の外っ側なんかの 部屋に影響が無いような、見えない雨漏りも なかなかの問題なんです。人知れず軒の天井が落ちていたりとか...

屋根からの雨水をきちんと受け取って流してやること、この軒樋の役目が果たされないと、思いもよらない所に水が跳ねたり 伝ってしまったりして、余計な被害を被ることも 多々あるんです。

ま、今回は勾配の調整をして、軒樋を乗っけて、呼び樋の長さが短かったので(だから無理がかかって折れたり抜けたりしたんですね!)新しいのに取替えて...って感じで サッと。


いやー、18時過ぎると真っ暗ですね、もう!

えーと、既存の樋の色抜けがひどくて色が合いませんね...本来なら関わるパーツを全て交換、という所なんですが、ほとんど見えない所なんで、傷んでない部品はそのままで。ダメですかね?こんな事をしちゃ...やっぱり、この際古い物は全て取替えましょう!多少費用はかかりますが!ってオススメするのが プロなのか?

なーんて自問しながら さっさと終わらせて、引き揚げです!隣ですけどね!
雨の日 軒先のおかしな所からザバザバ水が降ってくる...軒裏にシミができてる...なんてサインを見つけたら、大事に至る前に 小さな修繕で片付けましょう!まずは点検を!

ではまた!

1Fに駐車スペースを。始

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
下京区にて1F表廻りの改装工事、HPよりご依頼いただきました!


玄関と表の間を奥へ押し込んで、軽自動車を置けるくらいのスペースを作ります。

補強と表の壁の撤去のタイミングが鍵ですね。じっくり検討せねば。

本当なら二階の前端部分の真下には、一階の柱達が居てほしい所なんですが、このお家にはそれがありません。今回の工事で ちょうどそこを外壁にできるので、短辺方向の壁を増やせて いい感じだと思います!


そしてこの後は 柱を抜くための補強です。気合い入ります!

今日の記事はコンパクトで。

ではまた!

こんな所からも雨漏り

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
先日 右京区で雨漏りの修繕に伺いました。

最初の症状は壁に紫色のシミ。クロス裏のカビですね。しかし、えらい中途半端な高さのシミだったので、壁内結露か?と色々探って行くと...


横の天窓は問題無しでしたが、この真ん中辺のエアコン配管!保護膜がめっちゃ破れてます...ここで溜まった雨が被膜の中を通って、部屋の中の被覆が途切れる所から溢れて壁にシミを。

きちんとテーピングし直して、屋根の下の 壁に入る前の辺りで 被膜の底に切り込みを...う、写真が無いのでわかりにくいですね...すいません...とにかく、切り込みから雨水を逃して、部屋の中に雨水が入っていかないようにしておきます!
エアコンの配管の被覆は、年数が経つと劣化して破れてしまう事も多く、必ず壁を貫通している事もあり、放っておくと雨漏りの原因になる事もしばしば。

もしバルコニーや窓から見える エアコンの配管がズタボロになっていたら要注意!早めのテーピング直しをオススメします!

ではまた!

樋が詰まり、漏れる。

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
北区 原谷で 雨漏り修繕のご相談をいただき、伺ってまいりました。


少し分りづらいのですが、内樋といって、屋根の構造に樋が埋め込まれた物です。葉っぱ避けの網が張ってありますが、この中の落ち口に 土くれがいっぱい詰まってました。


あっ、見えない...すいません。

掃除して 落ち口が露わに。

屋根の構造に埋め込まれた樋、という事で、落ち口が詰まると樋がプールに。貯まった水は樋の上を乗り越えて 天井に、というパターンでした。両手に山盛り5杯ほど貯まってましたよ、土が。しっかり掃除して完了です。ちなみに、このお宅は2階プラス屋根裏部屋のほぼ3階建ての軒高に家の下は崖で、掃除した樋の下は全高20mほど!屋根勾配も4.5寸ほどで、下って行くのが めっちゃくちゃ怖かったです!だって 滑って樋を越したら ポトリ...ふぅ。

樋の詰まりは どこのお宅でも ひんぱんに起こる事です。溢れるだけならまだいいのですが、思いがけない所に伝っていき、とんでもない所から雨が入るなんてことも、珍しい事ではありません。

雨のたびに バチャバチャーと溢れる樋。是非一度 点検される事を お勧めいたします!お気軽にご相談下さいませ!

ではまた!

ついに見つけました!

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
過日 依頼下さった、右京区の工場のスレート屋根の雨漏り修繕です!

なかなか雨漏りが止まらず、天井を外させてもらい、オーナー様が写真を撮って下さったり 大変な協力をいただきながら とうとう...


お分りになりますでしょうか、極細のヒビ。掃除すると...


谷の底が割れてましたあ!これを見つけられなかった恥ずかしさときたらもう...

捨てコーキングをして、上からポリカーボネート製の波板を被せてやりました!


結局、スレート屋根の雨漏り修繕にはこれが一番なのかな、と思いました。

しかし スレート屋根 恐るべしです。踏み破る危険性も高く、調査以外に気を配る事も多いので、かなり難易度の高い修繕の一つです。

今度こそ雨漏り止まってくれ!と願いつつ オーナー様の勧め通り 天井は開けっ放しで帰る、 情けない私の後ろ姿なんて想像しないで下さいね。

T^T

では また!

長屋町家改修 ディテール③

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!

ありがた忙しで、飛び飛びになってしまいますー!

さて、上の間ですね。


天井を落として、屋根裏構造を露わにしました。屋根の垂木に断熱材を打ち上げ、その下から黒く塗った合板を化粧貼りに。色的には暗いのですが、雰囲気は抜群です。ライトアップもしたかったのですが...


こんな照明器具(他所の処分品)をいただいたので、こちらに目立っていただく事に。広い天井なので、これくらい大きくても 鬱陶しさは全くありません。

隅にあった吊り床は 織部床風に。


主照明を落として こんな雰囲気に。



傷んだ壁の凹凸も 印影の素材になってます。

階段壁には 手すりや壁ではなく、リメイク建具を。丸横桟の板戸は板を一度割って ランダムな格子戸に。真ん中の障子は 他所の現場の処分品ですね。写真ではわかりにくいですが、ホームセンターで売ってる 竹笹模様の障子紙張りました。


夜景は こんな感じ。


オーナー様 支給の オシャレな照明。


窓は一応ペアガラス仕様です。

上下の枠が広いのは、既存の敷居鴨居が ずいぶん傾いていましたので、わからないように正面から板を貼ってあるんです。


こうして振り返ってみると、自分の趣味 全開やなぁ、と改めて思いました。自分が住むなら!と思いながら造ったので そりゃそうなんですが。好き勝手仕事をさせて下さったオーナー様に感謝です!
総括〜

今 私達の暮らしは 何につけ便利で至れり尽くせり、不便な事には怒りすら覚える、いつの間にかそんな時代になったような気がします。ほんの少し昔なら、携帯電話も無かったのに。

少し不便な田舎暮らしに憧れたりするのは、便利が当たり前になってしまった都会暮らしから見える、物珍しさなのかな、なんて捻くれた考えも浮かぶのですが、不便さを求めるって ある意味贅沢な事で、それだけ幸せな環境にいるって事なんだなって思います。

でも 与えられた便利さを使うだけより、自分で工夫して使いやすくしたり、逆に手間がかかる事を楽しむような ゆとりのある生活って 良いですよね!

この町家に住んだら、そんな暮らしが出来そうやなぁ、って 自画自賛(なのか?)してます!

しかし 何よりも嬉しいのは、傷み果てた家が生まれ変わった事、もう一度 表舞台に送り出せたような気がして、今でもニヤケてしまいます!
スパンが長くて ダラダラなシリーズになってしまいましたが、お付き合い下さって ありがとうございました!これにて長屋町家改修工事、完了です!

ではまた!

長屋町屋改修 ディテール②

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!

下京区の長屋町屋、ディテールの続きです。

施工前のキッチンはこんなんでした。


タイルは綺麗に磨いて、何が入っているのかわからない印象の、下の戸を外しオープンに。


洗い床はずいぶん傷んでいたので、モルタルを塗って ガラスタイルをチラチラッと。



正直、使いやすくはないですよね...でも この雰囲気、素敵です!


焼き板に穴開けてダウンライトを、隣の部屋にあった小棚は 色を塗り直して吊り棚に。


オーナー様のご提案で小さな吹抜けと上窓を設置。ほんのり明るい超シンプルなキッチンに仕上がりました。

トイレは新設です。


扉はリメイク。元 引き戸でしたがドアに。金物屋さんで古ーい表示錠を見つけてきました。


内側の把手代わりにすす竹を。


なかなか落ち着いた雰囲気です。

洗面はこんな感じです。


植木鉢です。雰囲気重視です。もうそれだけです。

あ、お風呂...普通の小さなユニットバスなんで、写真撮ってないです...

元は...


こんなんでしたね。


いやぁ、建築って楽しいです!

次回は、上の間です!

では また!

長屋町屋改修 ディテール①

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!

下京区 長屋町屋の改修工事、竣工いたしました!

各所のディテール、見て下さいますでしょうか。①外観〜玄関廻りです。

施工前の外観です。


こんな風になりました。


手前の小さい四角窓は、ガラスブロックです。ランダム風に配置してみました。

玄関は、こんな感じ。


玄関の扉は新調、真鍮の握り玉と欄間のアジロ編みは 在庫品の古ーい物をリユース。右側の格子は、メータースペースで、部屋内の建具をリメイクして使ってます。

玄関の内観は、こんな雰囲気。



一階の床高が40㎝ほどあるので、踏み台を、置きスダレのある腰掛けは、実は中に新設の給排水配管が通っています。排水の接続高さの関係上、地上配管にせざるを得なかったので、玄関に作りたかった腰掛けの中にまとめました。オスモカラーふき取り仕上げで、針葉樹の木目が 綺麗に出てます。

ガラスブロック部分、内側はこうなっています。ダウンライトの灯りが、ガラスブロックから漏れるように。


電話のジャック、つけておきました。黒電話 置きたいなぁ、なんて思いながらこのスペース作ってみました。

次回は下の間の各所です。ブツ切りですいません...では!

長屋町屋改修 進捗状況⑤

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
下京区、長屋町屋の改修工事が大詰めです。というかほぼ完成です。

まずはいつものこれ。

上錫屋町町屋 下の間 – Spherical Image – RICOH THETA


部屋が少し小さいので、元々入っていた建具は 真ん中を区切る建具以外 全て外してしまいました。古いタイルのキッチンは、良い雰囲気だったのであえて残しました。奥には小さいですがユニットバス。ミニマルとまではいかないまでも、コンパクトな暮らしができそうです。

上錫屋町 キッチン – Spherical Image – RICOH THETA

長屋なので両サイドに窓が無いのですが、オーナー様のご意向でこしらえた小さな吹抜けが、暗かったキッチンに効果的に光を取り込んでくれます。

上錫屋町 玄関 – Spherical Image – RICOH THETA

外観も 簡単な格子を取り付けて、アルミサッシが目立たないようにしてみました。玄関の建具も木製で、小ぶりですが親子扉です。向かって右の格子扉の奥は、メータースペースになってます。素敵な路地だったので、雰囲気を壊さないように考えてみました。

ふう。

各部のディテールは また写真をアップします。よかったら また見て下さいね!
では!

鳥居を修繕...

こんにちは。笑顔のリフォームプランナー、京都市右京区の井尻工務店です!
今回は少し変わったお仕事で、南区のお客様の会社敷地内、お稲荷さんの鳥居を少しばかり修繕してきました。柱がずいぶん傷んで、表面の一部が朽ちてしまっています。社員の方々で色は塗られるそうなので、朽ちた部分を剥ぎ取って埋め木です。


親友で同業のBUNさんに手伝ってもらいます。というかほとんど削ってくれました!


鉋だけで ほぼ丸柱になりました!BUNさんありがとう!

後は 社員の皆さんに任せて...
井尻工務店の実家の近くの小さな神社の鳥居も、少し直させていただいた事もありますが、神仏関係の仕事はやはり 普段と違う緊張感がありますね。何か ジッ...と見られている、というか。

気に入っていただけると いいのですが。

ちなみに、この日(9/7)はこの作業のあと、片付け完了と同時に豪雨!ホントにこの数年の雨の降りかたは、物凄いです...

雨漏りのご相談も 数々いただいております。

井尻工務店では、下見時に簡易処置ができれば、それだけでも少しは被害の軽減になる、と思いながら色々な屋根や壁を見せていただいております。

早めの処置で 家を守っていきましょう。

では!

▲TOPへ